[ライター向け] 依頼者の立場から言うと、Twitterのプロファイルはこう書いてほしい


最近、ライター稼業をするのとは逆に、記事作成をお願いさせて頂くことも増えてきました。

ふだんは記事作成の依頼をもらう側だったのですが、記事作成をお願いする依頼者の立場になって見えてきたことを、Twitterをお使いのライターの皆様に共有させていただきます。

特定のライターさんを批判している内容ではないです。念のため。

「仕事依頼はメールかDMで」とあるが、何を頼めるのか分からない

これが一番重要なことです。

例えば、私のプロファイルにこう書いてあったら、あなたはお仕事を頼む気になるでしょうか。

北海道生まれ、神奈川・東京・埼玉を行ったり来たりしている、ヨーグルト好きのオッサンライター。海外旅行大好き!ITガジェットも好きで、今はシャオミ使い。山登りも好きだけど、最近は体重が増えて自粛しています。お仕事依頼はDMかメールで

この人は何について書けるのか、得意分野は何なのか、さっぱり分からないです。

  • 好きなものは分かったが、その好きなテーマについて書けるのか。それともただ好きなだけなのか不明。
  • 好きなもの以外で何か書けるものがあるのか不明。
  • よって、依頼できない。

まあ、こうなりますよね。

Twitterを見ていると、お仕事募集中といいつつ、お仕事を本当にTwitter経由で獲得しようと思っているのか疑問な方が多くいます。

経歴+記事得意分野を書いてほしい

依頼者視点で見たときに、Twitterのプロファイルには、この2つを入れて欲しいです。

1.経歴

例えば、「通信業界に勤務したことがあります」よりも、「通信業界で10年勤めました」のほうが分かりやすいです。

さらに「大手携帯電話会社で10年勤めて、通信インフラを増強計画とかやってました」となると、具体性が増してさらによくわかります。

またカジュアル系の記事の場合でも、「海外旅行大好き」よりも、

「2015年から2016年にかけて、海外40か国をバックパッカーとして訪問しました。ASEANは全部回りました。一番好きな国はブルネイです」のほうが分かりやすいです。

これまでこんなメディアに掲載されました、というのも効果的ですね。大手メディアに乗る、ということは、大手メディアまたはその下の広告代理店と取引しているのかな、しっかりした文章が書けるのだろうなと思うからです。

2.記事得意分野

Twitter経由で案件獲得したいのであれば、記事得意分野は必須です。何故なら、あなたの普段のTweetをいちいち読んで「この人は依頼できるかな」と考えるのではないからです。

Twitterプロファイル文だったり、プロファイル欄に書かれているホームページ情報を見て、書かれている内容をざっと確認して判断するからです。

よって、少なくとも「得意分野は、ビジネス全般、英語、営業です」と書いてくれるとありがたいです。

さらに、「得意分野は、ビジネス全般(ビジネスマナー講師歴あり)、英語(TOEIC 860点)、営業(ガチの飛び込み営業やってました)。」と書いてくれるとさらに分かりやすいです。


この2つをしっかり入力すると、下記3つが改善すると思います。

(1)Twitter経由の問い合わせ数

(2)Twitter経由の問い合わせの質(良質なクライアントからの問い合わせ)

(3)単価 (専門性が高そうに見えたら単価は上がる)

まとめ

Twitterプロファイルはたったの160字です。もし、ガチでTwitterからの案件獲得を狙うなら、「160字に何を入れるか、何を入れないか」をしっかり考えると効果的です。

ぜひ考えて、試行錯誤していただければと思います!