IT Spending Forecast, 2Q17 Update: Game Changer with Digital Business and Data Centers


法人IT業界で育ってきたので、法人ITの調査会社のドンである、ガートナーさんにはいつも敬意を払っております。

ブログのネタに詰まって、久しぶりにガートナーのサイトを見たのですが、これがなかなか面白かったです。Webinarも聞きましたが、資料をダウンロードするだけで足ります。

IT Spending Forecast, 2Q17 Update: Game Changer with Digital Business and Data Centers

(出典: https://www.gartner.com/webinar/3749563/

要約すると、以下の通り。

  • 短期的にはクラウドが伸びまくっている。
  • 2021年まで、コンシューマも企業も含めたIT投資は拡大を続ける
  • 2021までに特に伸びる分野は、ソフトウェアとITサービス
    • ソフトウェア=SaaS
    • ITサービス=人件費と独自ツール開発費でしょうか

ITサービスの部分は、日本だとSIerだと思いますので、ここがかなり伸びているのは驚きです。クラウド推進で削減したIT投資を、差別化できる部分に投資する必要があり、それが独自ツール・独自プログラムとかなのでしょうか。この辺りはシステム装置産業である、金融業界がけん引しているのかもしれません。

上記のグラフを見ながら、2021年の日本の状況を考えてみると、

  • デバイス → 減少
  • データセンター → 増加
  • ソフトウェア → 増加
  • ITサービス → 減少
  • コミュニケーションサービス → 減少

というようになるのではないかと予想しておきます。人口が減少する国は、全体の投資も減少せざるを得ない気がしますね。

まとまりがない話ですが、今日はここまで。