[ライター向け] クライアントを選ぶ


フリーライターの「フリー」とは、”freedom”のフリーです。上司から言われたことをやるのではなく、独立して仕事を選べる、という立場です。

とはいえ、生活のため、違和感がありながらも仕事を請け続けているかも多いはず。その違和感はどこから来るのか、そして違和感をどのように解決すればよいのかを考えてみましょう。これこそが、「フリー」である強みを生かして、クライアントを選ぶという行為です。

1.単価が安い

解決策1: 単価を上げる
解決策2: 仕事を断る

単価が安いことのみが不満、ということは、逆に言えば「単価以外は不満がないこと」とも言えます。自分がそれなりのアウトプットを出しているという自負があるのであれば、単価を上げる交渉をしてみましょう。単価を上げる交渉については、前回の記事をご覧ください。

そして、単価がどうしても上がらなさそうだったら、そのお客さんからの仕事は断ってしまいましょう。もちろん、断る仕事以外に、バックアップの仕事を持ったうえでの話です。

2.担当者との相性が悪い

解決策1: 仕事を断る

私が仕事を始めたばかりの際、スマホ関連の仕事を頂きました。単価は悪くありませんでしたが、担当者の指示が抽象的でした。その指示を何とかくみ取って納品したものについて、「あなたの記事はなっていない」的なことを指摘されました。「あなたのクラウドソーシングのプロファイルには、このように書いているのに、納品物は違いますね」的な皮肉も言われました。

単価は高いのでどうしようかなと考えましたが、この時私は、お互い合意の上、さくっとお断りました(個人的には英断でした)。相性の悪い担当者と付き合って、自分のエネルギーを減らすと、生活や他の仕事にも影響がでます。よって、「この人とコミュニケーションを取るのが大変ストレス」だと思ったら、さっと身を引きましょう。

3.仕事が合わない

解決策1: 目指す方向性に合致するなら、踏ん張って学習する
解決策2: 仕事を断る

ライター業をやっていると、「この仕事はやりにくい、自分には合わない」と感じる瞬間があるのではないかと思います。

私の例を上げましょう。私が仕事が合わないと感じたのは、「格安SIM関連の記事」でした。既に公開されている情報を整理してまとめるだけで、情報を網羅的にまとめるだけの仕事で、自分のこれまで培ってきた洞察力はいらない仕事でした。こう言ってはなんですが、誰でもできる仕事だと思いました。

この仕事は自分が将来めざしたい方向性でもないので、何とか納品を終わらせて。その後はお断りしました。

と、このように、「自分の将来的な方向性に合致しない仕事」であれば、お断りするのもありです。

逆に、「将来的な方向性には合致しているが、自分の実力がないうえに『合わない、難しい』と感じている仕事」であれば、踏ん張って学習して仕上げることをおすすめします。

「将来的な方向性」というと漠然としていますが、つまり「単価が高い仕事」か、「自分が書きたい内容の仕事」かのどちらかでしょう。これを満たすのであれば、諦めずに力を付けましょう。

まとめ

指示されることに慣れている、相手のことを考えてしまう、といった、ある意味従順な方は、なかなか仕事を断りにくいと思います。しかしクライアントの担当者は、あなたのことを「記事を収めてくれるライター1号」としか見ていないことも多々あります。

よって、もし違和感を感じたら、それを変える努力をするか、どんどん断りましょう。といっても、「やります」といったことを、先方の合意なく途中で投げ出すことはダメです。先方に合意を取って断る、または今月分は納品を終えて以後断る、というように、あなたの評価に影響が出ないようにしましょう。