感情をうまく扱える人が圧倒的有利な時代がくる


昨年後半に読んだ本の中で、一番面白いと思ったのはこちらです。

要約すると、AIが普及すると「24時間働いて人間よりも正確。そして複雑な意思決定も間違いなく行えるので、相当数の労働者がいらなくなる。そしてロボットを政府が規制しないと、人間が追いやられてしまい、超所得格差の暗い時代がやってくる」という話です。この手の話は、ディストピアSF小説などで、過去に多く書かれてきたと思うのですが、それがテクノロジーの進化に伴い、いよいよ現実化しているという本です。

自分が漠然と考えていたのに比べ、AIの浸透と進化は相当早いことを知りました。今後のおおまかなトレンドがサクッと頭に入るので、おすすめです。

さてここ数カ月、この本について思いをはせていたところで、正月ということもあり妻とのんびり「AIが進んでいった世の中で人間のほうが優れている点は、どんなものだろう」と長々と雑談したら、これがなかなか面白かったです。

人間のほうがAIロボットより優れている点

1.感情を取り扱う作業

何か同じことをしてくれたとしても、人間がやってくれるのと、ロボットがやってくれるのと有難みが違うのは、「人間が時間を割いて、思いを使って行動をしてくれた」ということ。相手の時間や労力を割いてもらっているからこそ、その行為が一層の価値があると感じられるのではないかと思うのです。

これが「床の掃除機掛け」だったら、ルンバでいいや、ということになりますが、複雑なこと、重要なことになると、人間のほうが納得感・満足感があります。

例えば、家族のいない人が末期がんでホスピスに入ったとします。そして、人恋しくなり「誰かに手を握って欲しい」と思ったときに、「人間に手を握ってもらう」のと、「ロボットに手を握ってもらう」のでは、人間のほうが満足感が高いと思うのです。それがたとえ、同じ感触、同じ温度であったとしても。

「あなたの貴重な時間を、私の手を握ることに割いてくれている」という感謝の念が、人間の行為に高い価値を与えているのだと思うのです。

もう一つの例をあげてみます。ステージ3の末期がんになったときに、「人間の医師に通知されたいか」「AIロボットに通知されたいか」というと、人間の医師を選ぶ人が多いのではないかと思います。

人間が通知したって、AIロボットが通知したって、結論は同じですが、多くの人は「自分の命は『ロボットごとき』が取り扱うものでない」と思っているのではないでしょうか。余命を意識させられる、という、大きく人の感情が揺れ動く瞬間には、ロボットではなく人間がいて欲しい、寄り添ってほしいと思うのはある意味当然、、、いや「当然」という共通認識があるからこそ、感情の取り扱いを人間が行うことに高い価値があるわけです。

2.指先を使う作業

これは、『仕事消滅』の中でも取り上げられていた内容です。指先を起用に使う作業は、まだ物理ロボットの技術が追い付いていないので意外に難しいという話です。

感情をうまく取り扱える人が圧倒的有利な時代がくる

妻と意見が一致したのは「これまでにないほど、感情を取り扱える人が有利な時代が来るのではないか」という点です。正確に作業する、複雑なものを取り扱う、ミスをしない、といった点の多くで、AIが人間に負けた後で残るのは、「人間が、人間の感情をうまく取り扱って満足させる」という点ではないかと思うのです。

JPモルガンでは、締結前の契約書類の確認をAIで行った結果、相当数の弁護士とパラリーガルが不要になった、というニュースがありました。このように、企業法務において、正確に作業する、複雑なものを取り扱う、ミスをしないという点では人間は負けています。

ただ、これが離婚訴訟弁護士になったらどうでしょうか。動揺している依頼人をなだめ、目を見据えて話を聞き、深く共感し、その結果として仕事を受注するのだと思います。法律業務がAIによりコモディティ化されると、正確さ、複雑さへの対応、ミスの少なさといった点では、大手弁護士事務所のスーパー弁護士も、街の弁護士も差はなくなります。企業法務は一般的に、感情を取り扱う場ではないので、AIで足りるとなれば、弁護士の企業法務市場が縮小するでしょう。そうなると、法律家としての腕よりも、依頼人の感情をうまく扱えるかどうかがとにかく重要になるのだと推測します。

もちろん、法律分野だけでなくほとんど全ての分野でそうなります。「あなたの仕事は誰でもできます。AIにより技能さもありません。しかし、あなたと話をするのが楽しいので、あなたと話しているとよくわかってもらえている感があるので、あなたに発注します」という流れが強まるのではないでしょうか。

この変化は1,2年ではやってきませんが、5年10年のスパンではかなりの分野で変化が見られることを考えると、自分も感情を伴うコミュニケーション力をいかに高めるかについて学習・訓練すべきと思いました。


アフィリエイト2サイト敗戦記とそこから得たもの


ライターですが、アフィリエイトサイトを運営していました。が、これまで作っていたアフィリエイトサイト、2サイトを「ほぼ報酬が見込めないサイト」として格下げすることにしました。こちらについて書いてみたいと思います。

サイト1: 英語情報サイト (150記事, 2年弱運営)

英語学習、英語で仕事といったネタは豊富にあるので、英語情報系のアフィリエイトサイトをいっちょ作ってみるかと思い、約2年前に制作を開始しました。既に実績のあるアフィリエイターの友と組んで、2名体制です。

2人の役割分担は明確です。

私:記事作成
友人:サイト作成、SEO

私の記事と、友人のSEOノウハウがかみ合って当初は順調でした。月間検索数が数千程度のキーワード狙いで、最も高い順位で15位くらいまでは行ったと思います。その後は15位くらいから30位くらいをふらふらしながらも、まだまだ上を狙えるかもとおもっていました。

しかし、約1年ほど前、突然サイトが飛ぶ(順位が急激に下がる)現象が発生しました。そして、検索順位の100位圏外に姿を消したり、また登場するが80位とかだったりという不安定なサイトとなってしまいました。

記事によっては、月間検索数が数百程度のキーワードで1桁台の順位がついているものもあったのですが、発生件数自体は3カ月に一度程度になってしまい、月に直すと数千円台前半しか売り上げが上がらないという状態に突入しました。

順位が安定しない状態になってからも、定期的に記事を入れるなどしたのですが、順位の不安定さから立ち直ることができなかったため、今後はアドセンスサイトに格下げ(アドセンスサイト=通常のアフィリエイトサイトよりも、PV単価が低い)することになりました。

サイト2: 英語教材販売サイト (20記事, 8カ月運営)

次に同じ友人と一緒に作ったのが、特定の英語教材を売るためのサイトです。この教材自体の概要は理解していましたが、ちゃんとやれば確実に成果が出る教材、手法であることから、やってもいいかなと思ったのです。

1000-2000字程度の記事をたくさん入れるというやり方の、サイト1と異なり、サイト2は5000字以上の長文のみのページで、読み進めていくと最後教材に落ちるというページ構成となりました。

サイトの構成は非常に分かりやすく、絵も多く入れてとっつきやすいページ作り、そして内容は非常に濃いという方針で作りました。が、こちらは商標ワードで30位くらいまであがりましたが、その後うまくいきませんでした。

何故失敗だったのか

まずはサイト1の失敗理由です。

1: サイトのターゲットが明確でなかった

英語学習といってもターゲットはたくさんいます。バリバリ海外で働いている人がリスニングを強化するのも英語学習ですし、TOEICで300点しか取れない人が点数をアップさせるのも英語学習です。サイトの趣旨としては「TOEIC 300点しか取れない人向け」にすべきだったのですが、ターゲットがぶれて初心者以外の記事も多くしてしまった結果、サイトが散漫になってしまいました。

2: キーワードを意識してライティングしていなかった

アフィリエイトサイトなので、順位が上がらないことには意味がありません。売ることが目的です。しかし私は、順位を上げるためのキーワードに対する理解が不十分なまま記事を書いてしまいました。キーワードをより意識して記事を書けば、順位を上げ多くのアクセスが望めたのではないかと思います。

 

次にサイト2の失敗理由です。

1: 熱意が足りなかった

これに尽きます。かなり忙しい中で、目先の仕事をしてお金を稼ぎながらサイトを育てるのはなかなか大変です。最初に20記事ほど入れた後で、その後の記事追加はほとんど行えませんでした。

2. 確定条件の変更

サイト2は、特定の英語教材に特化してサイトを作っていたのですが、この商材の確定条件が途中で変更され、確定させるのにかなりハードルが高くなりました。これも熱意を下げる理由の一つでした。

3. 商材自体が今一つ流行っていない

満を持して登場した商材だったのですが、今一つ流行っていません。商標ワードでの検索数は数千台の前半 (1,000ちょっと) しかないため、そもそもの流入の総量自体が見込めませんでした。これがかなり成長していたら、「よっしまだまだ育てるぞ」という気にもなるのですが、熱意が続きませんでした。

失敗から得たもの

「そうか、よくあるアフィリエイト失敗談かw」と思われるかもしれませんが、実はアフィリエイトサイト運営から学んだことは非常に多く、私の人生的にはむしろ成功かも、と思っております。

アフィリエイターは「アフィカス」などと馬鹿にされることも多いのですが、サイトにどのように流入を呼び込むか、どのようにコンバージョンさせるかを考えるプロです。凄腕アフィリエイターである友人と一緒にサイトを運営したことで、「SEOの定石」を学ぶことができました。

もちろんSEOにおいて「これをやれば『必ず』順位が上がる」というものはありませんが、「これをやれば『かなりの確率で』順位が上がる」という定石は存在します。全くの畑違いの場所で仕事してきたので、数年前までは「SEOなにそれ」でしたが、友人と一緒にサイトを育てる努力をすることで、じっくりと学習することができました。収益的にはうまくいかなかったですが、友人には感謝しかないですほんと。

というのも、SEOはかなり汎用的なスキルであるためです。例えば、自分が仮にAというスキルを持っていたとして、そのAというスキル単体で戦うのではなく、AというスキルとSEOを組み合わせると、持っているAというスキルが急に価値を増すのです。

私は、「IT」「営業」というスキルがこれまでの核だったのですが、これに「SEO」を加えることでかなり汎用性が高まりました。ちょうど独立するタイミングでかなりSEOについて理解が深まっていたので、現在自分の会社の受託ビジネスにおいて役立っています。

もしライターの方でこの記事を読んでくださっている方がいれば、自分でアフィリエイトサイトを作ってみるのはとてもお勧めです。アフィリエイトサイトを作って育てる努力をすることで、単に「良い記事を書く」だけでなく、「売れる記事を書く」という視点を学ぶことができます。そして、記事の依頼主が求めているのもまさに「売れる記事」だからです。

なお、私もアフィリエイトサイト作りもまだ諦めてはおりません。現在複数のサイトを仕込んでいる途中です。今度は花を咲かせたい、、、!!!


[ライター向け]新しいジャンルの記事を書きたい場合の学習法


ライターの方向けの記事になります。

これまではAというジャンルの記事を書いていたが、ライターとして幅を広げたい、より単価の高い案件を取りたい、よって、新しいジャンルにもチャレンジしたい。でも、新しいBというジャンルについては、ある程度は分かっているが、まだ分からないことも多い。そんなこと、ありませんか?

そんなときにどう学習するのがよいか、お伝えします。

ちなみに、以下では、「これまでiPhoneの記事ばかり書いていたが、格安SIMの記事も書いてみたい」「美容ファッション記事を書いてきたが、脱毛記事も書いてみたい」「企業の営業の記事を書いてきたが、マーケティングの記事も書いてみたい」というように、「ジャンル違いの記事にチャレンジすること」を想定しています。

アプリやプログラムなどの使い方の習熟を伴うものは想定していませんので、お間違いないように(例:Photoshopの記事→使ったことないIllustratorの記事)。

学習手順1: Webの情報を読む

知らないジャンルについて知りたいときに、最も手軽なのはWebの情報を読む、です。最も役に立つのは、「自分が書きたいテーマの記事が、どのような内容で、どの程度のクオリティで書かれているか」を確認できることです。

例えば格安SIM記事であれば、格安SIM情報サイトに行けば、どのような記事があるか=どのような記事が求められているかが分かります。そして、「どのような情報が必要ないのか」も同時に分かります。

ただ、Webは情報量が半端ないので、読みふけっていると、延々と時間が取られることになります。よって、「新しいジャンルの『土地勘』」、つまり何が重要とされていて、どんな記事があって、どの程度のクオリティが求められているかを知れれば十分です。

学習手順2: お金を払って専門家に1:1で教えてもらう

「え?記事を書いてお金を稼ぎたいのに、お金を先に払うの?」と思われるかもしれませんが、学習に先行投資したほうがよりよいアウトプットを出すことができます。特に、「専門家に1:1で教えてもらう」は非常に効果的です。

なぜ効果的か。それは「ここが重要」というポイントを理解できるからです。例えば、キャッシングについて知りたい」となっても、キャッシングは非常に幅広いジャンルです。よって、正面からぶつかろうとすると大変時間を持っていかれますし、学習すべき優先順位がわかりません。しかし、専門家に聞けば「世の中には100くらいの情報があるけど、最も重要なのは5だよ」と教えてくれます。この「勘所」を知るには、教えてもらうのが最も早いです。

では、どのように教えてもらうかです。タイムチケットビザスクといった「専門家の意見を聞けるサイト」を使っても良いですし、クラウドワークスやランサーズで「1時間いくら払うので、こういう内容を教えてください」と依頼してもOKです。相場は1時間3,000円から15,000円程度です。料金は、ジャンルや聞く人の専門性によって変わります。教えてもらう依頼する前に、経歴をしっかりチェックしましょう(専門家の顔をした、専門家でない人はたくさんいます)。

ちなみに私は今月、新しいことを知りたくて3人から教えてもらいました。1人目は1時間半で15,000円ほどで、2人目は1時間で8,000円、3人目は1時間3,000円でした。

話を聞くときのコツは、「事前に聞きたい内容、質問をたくさん書き出しておく」、そして「教えてもらいながらメモを速攻で取っていく」です。録音してもよいのですが、面倒なので私はやっていません。もちろん、後で聞くつもりでしたら、録音しておくのもよいです。

「ところで、今月教えてもらうのに使った金額、案件取って回収できたのですか?」という質問に対しては、「実はまだできていません」。しかし、嬉しいことに、来月か再来月には何倍にもなって回収できそうです。

学習手順3: 本を読む

ジャンルにもよりますが、本はかなり役に立ちます。私は本を「専門家から教えてもらった内容をについて、細部を深堀するため」に使います。

専門家に1時間話を聞くと、かなり広さと深さのある話を聞くことができます。しかし、1時間では細かな点まで突っ込んで聞けない、または教えてもらったときには思いつかなかった疑問が浮かぶ、なんてことがあります。そうした時に使います。

本の選び方ですが、Kindle版があれば、サンプルをダウンロードしてみて、目次とレイアウトなどを見て、自分が求めているものかどうかを確認してから購入しましょう。Kindleが出ていないジャンルであれば、Amazonのレビューを見てから購入しましょう。

学習手順4: 記事の題名を書いてみる

学習したことについて、自分だったらどんなテーマで書くかを書き出してみましょう。意外にたくさんの書く切り口が思いつくかもしれませんし、「全然思いつかない、困った!」となるかもしれません。いずれにせよ、学習した内容について、小さなアウトプットするには良いです。

学習手順5: 案件に応募する

そして最後には、案件への応募です。クラウドワークスやランサーズで、それらしい案件が見つかったら応募してみるのがよいです。その際には、手順4で書き出したテーマを「記事案」として送ると、依頼者には喜ばれますよ!


費用対効果が良いのは「専門家に教えてもらう」

自分が取り組もうとしているジャンルでどれくらいの記事が書けそうか、どの程度の収入になりそうかを冷静に考える必要がありますが、それなりの収入を見込めそうであれば「専門家に教えてもらう」のは非常に効率的な選択肢です。よって、私はここ最近、この「教えてもらう」を多用するようにしています。

上記内容が、皆様のより良いライター生活のお役に立てれば、これ以上嬉しいことはありません!

最後に、記事本文とは関係ありませんが、お仕事の依頼はこちらにどうぞ!