[フリーランサー向け] 集中力が出ない時の7つの対策


自由に仕事ができるのがフリーランスの良い所ですが、反面、出社時間や出社しなければいけないオフィス、上司がいるわけでもないので、集中力が出ないという方も多いはず。以下では、集中力を出すために私が試してみたアプローチをお伝えします。

集中力を出す7つの対策

1.ノイズキャンセリングヘッドホンをする

周りの音が気になる、仕事場が騒々しい、近くに大きな音を立てる工場や施設などがある、そんな方に特におすすめなのがノイズキャンセリングヘッドホンです。ノイズキャンセリングヘッドホンは、「外からの音を打ち消す音を発生させ、雑音を低減させる効果」があります。特に外部からの高音域と低音域を打ち消す効果が高い、という代物です。

もともと私は、海外出張の飛行機の中の騒音を低減させるために買って使っていたのですが、独立後は海外出張は激減し、今では「家での仕事用」「カフェでの仕事用」、それから「新幹線・飛行機での仕事用」として利用しています。つまり、仕事中はほぼ着用しています。

なお、ノイズキャンセリングヘッドホンをすると、雑音が80%くらい減る感覚があります。私はいつも、ノイズキャンセリングヘッドホンをして、音楽(音の強弱の差が少ないもの)をずっとかけっぱなしにして仕事に没入しています。

、私が使っているのはBoseのQuietComfort 15という、一世代前のモデルです。現在は後継機種として、QuietComfort 35というモデルが出ていますので、今から購入するのでしたらこちらがよいと思います。

2.スマホを机から遠ざける

仕事中もスマホが気になる方は多いはず。しかし、これは集中力を大きく削いでしまいます。よって、おすすめなのはスマホをデスクから少し遠い場所に置いておくことです。外出先であれば、デスクにスマホを置かずにカバンにしまうのがよいかもしれません。

この際に、音声着信以外を全てOFFにすることをお勧めします。LINEやFacebookメッセンジャーなどのメッセージが来るたびに音や振動が鳴っているようでは気が散ります。

3.立って仕事をする

座っていると、気分が怠けてしまう、ダラダラしてしまうという方は、いっそのこと立って仕事をしてみてはいかがでしょうか。

立って仕事をする、というと「高額なスタンディングデスクを購入しないといけない」と思われる方もいるかもしれませんが、大丈夫です。デスクの上に段ボールを積んで、ほどよい高さにして、その上にノートパソコン、マウス、キーボードなどを乗せれば完成です。

私も先々週から何度かやっているのですが、立ち始めて最初のころはふくらはぎが結構疲れる感覚がありましたが、徐々に慣れていきました。今は座ったり立ったり変化をつけています。

4.カフェに行く

自宅で集中力が切れてきた場合、近所のカフェに行くのもありです。自宅で誰の目もない中で仕事するよりも、人の目があるほうが緊張感があってよい、という人も多いはずです。とはいえ、カフェは机も狭いですし、外付けモニターもないので作業はやりにくい。ので、大きな画面がいらないような仕事、例えばライティング作業などには適していると思います。

5.Chromeのアドオン「Blacklist」を導入する

ついつい見てしまう、仕事とは関係ない時間泥棒のサイト。こうしたサイトはブラックリストに入れて、見られないようにしてしまいましょう。

パソコンのブラウザとしてChromeを使っていることが前提ですが、Blacklistというアドオン(拡張機能)があります。このアドオンを使うと、サイトをドメインごとブラックリストに登録することができます。ブラックリストに登録されたサイトはボタン一つで解除はできるのですが、解除に15秒かかるという仕組みなのがポイントです。この15秒を待っている間に「あー、こんな遊びのサイト見ている場合じゃないや。仕事に戻ろう」と思えるのが良い所です。

なお、このアドオンの開発者であるRahul Gupta-Iwasakiさんは、スタンフォード大学でコンピューターサイエンスを学んだ秀才で、名前を見る限り、インド系と日系の両方のバックグラウンドを持っているようです。

6.カフェインの錠剤を飲む

これは切羽詰まったときにのみおすすめの方法です。エナジードリンクを飲むのもいいのですが、カフェイン錠剤も効きます。ただ、飲みすぎると有害です。妙に心臓がバクバクしたり、変な興奮状態になったりするので、一度に摂取する量は十分に気を付けてください。

7.友人と仕事する

友達などと一緒に仕事をするのもいいかもしれません。カフェなどに集合して、お互いそれぞれの仕事をやる。さすがに友人が仕事をしている横で、怠けるのもアレなので、ちゃんと仕事するかという意識が働きます。

まとめ

まずはお金も人との予定との調整もいらないテクニックから導入してみてはどうでしょうか。

2.スマホを机から遠ざける
3.立って仕事をする
5.Chromeのアドオン「Blacklist」を導入する

上記3つであれば、いますぐ開始できます。


[ライター向け] 断られた時の対応、ちゃんとできていますか?


フリーランスでライター業を行っていると、提案を行うのと同じくらいの回数、見込み客からお断りの連絡を頂きます(クラウドソーシングだとお断りの連絡すらないことがほとんどですね)。

「せっかく時間をかけて提案したのに」と残念な気持ちになりますが、ここでどのように振舞うかで、ライターとしての明暗を分けてしまいます。

断られた時、どのように反応していますか?

断りの連絡がメールで来たとしましょう。例えば、このような内容です。

ご提案頂きありがとうございます。
大変恐縮ですが、ご提案頂いた単価ではコスト的にオーバーしてしまうため、今回はご依頼させて頂くことが難しいです。
申し訳ありませんが、またの機会にどうぞよろしくお願いいたします。

では、このメールの反応について、まずい例を見ていきましょう。

1.罵詈雑言・悪口・皮肉で返す

せっかく提案した内容が却下されてしまったので、ショックだったり残念だったりするのはもちろんです。しかし、クライアントに罵詈雑言や悪口で言ってしまうのは最悪です。

いい加減にしてください。こちらがどれだけ一生懸命提案したと思っているのですか。恥を知りなさい。(担当者に対する罵詈雑言・悪口)

貴社はその程度の会社なんですね。ベンチャーというか零細企業というか、本当に適当でどうしようもないですね。(会社に対する罵詈雑言・悪口)

私の案はかなり良い提案なのですが、こうした案を採用できないようでは、貴社の新しいメディアの先行きもたかが知れていますね。(皮肉)

例えば、こんな風に返してしまうのはいけません。ビジネスにおける常識知らずの人、という評判がついてしまいます。

2.メールに返信しない

相手から不採用の連絡が来た場合、腹を立てて返信しない。これもいけません。

クライアントも、全ての人ではないですが「せっかく提案してもらったのに、諸条件合わず採用できなかった。時間を取らせてしまって申し訳ないな」という思う人もいます。ある種の後ろめたさがあるわけです。

しかし、返信が来ないとなると「返信を送りたくないくらい腹を立てているのだろう」、または「提案を常に通せるわけではないのに、それで腹を立てて返信しないなんて、まともなコミュニケーションができない人なのだな」という悪いイメージが定着します。

低レベルな対応により次の仕事が来なくなる

一度、低レベルな反応をされた場合、よほど能力がある人、よほど強い信頼関係がある人でもない限りは、「次からこの人に頼むのはやめよう」と思うのが当然です(私の場合は、相手をブロックリストに入れて、二度とコミュニケーションを取らないこともあります)。

ビジネスにおけるストレスは色々ありますが、コミュニケーションからするストレスというのもかなり大きな部分を占めます。相手も人間ですので、あなたとのコミュニケーションがストレスの原因だった場合、ストレスを受けないようにするために二度とコミュニケーションを取りたくなくなるはずです。

お金をもらって書く「ライティング」はビジネスです。よって、最低限のビジネスマナーは必要です。最低限未満のビジネスマナーしかできない人は、ビジネス上のつながりをどんどん失っていくため、仕事が来なくなります。よって、常に新しい案件を追いかけなければならなくなります。

逆に、こうした場面でクライアントに対して節度を持った対応ができれば、別なチャンスが巡ってくることもあるのです。まずい対応をすることで、そうしたチャンスをみすみす捨ててしまってはいけません。


お酒をさくっとやめてみよう


20歳から「何となく」「周りが飲んでいるから」という理由で、ずっとお酒を飲んできたのですが、30代中盤でお酒をぱったりやめました。サラリーマンと比べて、特に自己管理能力、時間管理能力が必要となるフリーランサーの方におすすめします。

カジュアルな酒飲みだったころの話

家では、年に数回しか酒を飲まない父と母のもとで育った私は、大学入学後、人並にお酒を飲むようになりました。とはいえ、「お酒が好き」というよりは「お酒を飲む場が好き」なので、お酒自体をすごく好きになることはなかったです。よって、飲み会に行ってお酒を飲むが、まあビール1,2杯に加えて、ウイスキーとかワインを1,2杯という程度のカジュアルな酒飲みでした。

とはいえ、周りがお酒を詳しくなるのに影響されて、自宅ワインやウイスキー、バーボンなどを買ったり、「オーパスワンという高いワインがあるらしい、ふむふむ」といった聞きかじりの知識を頭に入れるなどはしていました。

「酒ってデメリット多くないか?」と気がつく

飲み会に行けば、何杯か酒を飲んでいた私ですが、30代中盤になった時にふと気が付きました。「酒って結構デメリットだらけじゃないか?」ということに。

1.二日酔い

そこまでお酒に弱いわけではないが、そこまで強くもない私は、少々多めに酒を飲んだ翌日は、寝起きが悪かったり気分が悪かったりします。サラリーマンであれば、「今日は調子が悪いから、午前中はおとなしくしていよう。まあ飲み過ぎたし仕方ないか」で済みます。しかし、フリーランスになると「自分が生み出した制作物なりサービスの量=お金」となりますので、午前中稼働できなければ、半日近くが無駄になってしまいます。つまり、大変に時間がもったいない、そして作業量、収入に直結します。

2.カロリー

ビールのジョッキ1杯で100-200kcal、他のお酒もそれなりにカロリーがあります。ただでさえ、飲みに行くと焼き鳥とか脂っこいものなどを食べたくなるのに、これに酒のカロリーが加わるので太ります。もともと大変太りやすい体質(ただいまダイエット中)なので、酒を飲むのは健康に良くないのです。そして、健康を害しても一定期間は守られるサラリーマンと違い、フリーランスは守ってくれるものがありません。

3.お金

お酒に詳しくない私でも一度だけすごく美味しいワインを飲んだことがあります。グラスから香りがもわんもわんとあふれ出てくるような凄いワインでしたが、グラス一杯で2,000円とか3,000円くらいするようなものでした。
毎度、こんなすごいワインを飲むのでないにしろ、お酒を何杯も飲むと普通に数千円します。が、これがウーロン茶であれば1,000円台くらいで済みます。

お酒をやめようと思い私がやったこと

「よし、お酒をやめるか」と思って私が取った行動はたった2つです。

1.家にあるお酒を捨てる(料理用を除く)

特にお酒好きではなくても、もらったお酒とかが何本かありましたが、安い酒であれば捨てて、高い酒であれば友人にあげました。「こんな酒、ただでもらっていいの?」と言われた酒もあったので、大変喜ばれました。

2.飲み会で「お酒やめました」と宣言する

前提として私は「飲み会には行くが、お酒は飲まない」と決めました。飲み会が嫌いになったわけではなく、お酒を飲まないと決めたからです。
最初のころは、飲み会に参加する際に「お酒やめました。お酒飲まなくても幸せなことに気が付きました」と言っていました。

しかし妻に「その表現の仕方だと、『お酒を飲まないと幸せになれないあなたたち』と解釈されかねず、嫌みに聞こえるかもしれないから、別な表現にしたほうがよい」と指摘されました。よって、「少量のお酒でも翌日起きられないので、飲めないんです」と、あくまで飲まないのは「飲みたくない」のではなく、「朝起きられないから」と言い張りました。

反応はどうだったか、というと、あっさり受け入れられました。

幸いなことに当時勤めていた会社は超絶ホワイト企業だったのと、友人知人で酒を強要するような人はいないので、「あ、そうなんだ」という程度の反応です。ま、お酒を強要するような人がいる飲み会には、そもそも参加しないです。
「健康診断の数値が悪かったの?」とか、「病気とかじゃないよね?」など心配してくれる人もいましたが、「いやー、最近起きられないんですほんとに。年のせいですかね。うちの家系はみな酒弱いですし」というと、「なるほど、そうなんだー」と納得してくれました。

結果、どんな飲み会の席でもひたすらウーロン茶を飲んでいてもOKの身分を獲得しました。

お酒の席が終わって、割り勘で会計する際、「お酒を飲んでないのに、飲んだ人の分も含めて多めに払わないといけない」気がしないわけでもないですが、自分が飲んでいたらもっと会計が高くなっていたわけですので、結局は得しているのだと思うことにしました。

お酒をやめて得たもの

1.二日酔いからの解放

お酒を飲んだ翌日は、体調不良や頭痛などがなくても、寝起きが悪いことがよくありました。いつもより1時間くらい多く寝ないと活動できないような感じです。しかし、お酒をやめたことで、こうした軽い二日酔いがなくなり、「酒が原因で寝起きが悪い」ことが皆無になりました。
「酒を飲んで、すごく幸せな感覚がした結果、寝起きが悪くなる」のであれば、まだ分かるのですが、私の場合「酒を飲んで、普段と感覚変わらないが、寝起きが悪くない」のであれば、単なる損です。こうした感覚がなくなったので、飲み会の次の日は得した気分になりました。
もちろん、飲み会の翌日も通常時と同じように稼働できますので、飲み会が理由での作業パフォーマンスの低下もありません。自分の行いが原因の無駄がなくなると、「自分の人生、仕事、時間の使い方を、きちんとコントロールできている」と思えるので、心の安定にもつながります。

2.カロリー、、、いや体重は変わらなかった

私は現在ダイエット中ですが、もしお酒を続けていたらもっとダイエットが困難だったであろうと想像がつきます。飲み会で、酒飲んで、脂っこいもの食べて、デザート食べて、とやっていると、酒を飲まないのに比べて200-500kcalくらいは余計なカロリーを取ってしまうからです。
酒を飲まない結果痩せた!という話になればいいのですが、そもそもそこまで飲み会にいく頻度が高くないので、体重自体は変わりませんでした。

3.お金はわずかに節約できたかも

お金は節約できたと思います。が、一回の飲み会で節約できる額は1,000円とか2,000円程度なので、微々たる額です。「お酒をやめた結果、ずいぶんとお金が貯まったな」というほどの金額ではありませんでした。そもそも、飲みに行くことも少ないですし。

4.人生で困ったときに酒に逃げなくなる

さきほど妻と話していて、なるほどと思ったことです。普段からお酒に親しんでいる人ほど、「人生で大変なことがあったときに、精神的に参って酒に手を伸ばしてしまいがちになる」そうです。普段は適切な酒量を保てる人も、人生で数度しかないような大きな衝撃を受けた際に、酒におぼれてしまい、健康を害して再起のチャンスを逃してしまうことになりがちです。例えば、家族が亡くなったり、事故に合ったり、失業したり、仕事で大失敗したりなどのイベントです。
普段から酒を遠ざけておけば、困ったときに取る対策に「飲酒」がそもそも出てきませんので、健康を害しない方法での精神の回復方法を模索することになります。これは、お酒に依存してしまうよりもはるかによい方法です。

まとめ

「皆がお酒を飲むので、何となく自分も飲んでいる」という人は多いはず。「お酒の味が好き」「酔っている感覚が好き」というのであれば、ぜひ飲み続けていただければと思うのですが、「飲酒自体から特に得ているものがない」方はぜひ、お酒をやめてみることをおすすめします。

ちなみに私は1-2カ月に一度程度、ビールの味が恋しくなります。こうした時は、「オールフリー」などのアルコール0.00%のビール系飲料を飲んで十分に満足しています(美味しいビールとそうでないビールの味の差がそこまで気にならないので)。